家族で稲刈り体験の記録

 主催イベントにもどる   愛知県野外教育センタートップページにもどる
 
      アルバム (参加者専用)  
  9月17日(土)〜18日(日)      
 
   
 
昨年度に引き続き実施した
『家族で稲刈り体験』
今年は9月に入って
が降る日が多く、稲刈りができるかどうか、農家の梶さんと前日まで心配していました。
雨が降っていなくても、稲穂が濡れていると脱穀ができないため稲刈りができません。
当日も天候はあまりよくない予報だったので、稲刈り当日、1滴も雨が降らなかったことは、本当に
奇跡だと思っています。
しかも、この後も天候不順が続き、梶さんは他の田んぼの稲刈りがなかなかできなかったそうです。

梶さん曰く、3〜4日適期を過ぎていたそうですが、この日無事に、しかも、予定していた場所全ての稲刈りができて、本当によかったです。
皆様の日ごろの行いのお陰ですね(*´▽`*)

暑くもなく、寒くもなく、程よい気候の中で、カマを使っての
手刈りと、試乗も兼ねたコンバインでの稲刈りを行いました。
みんなで刈ったお米は、脱穀、乾燥を経て、おいしい玄米の完成です。
いくつかある梶さんの田んぼの中では、この田んぼのお米が
一番おいしくできたそうです!!
記念品としてお渡ししたお米は召し上がっていただけたでしょうか。

夜はクラフトです。
今回は、
タイダイ染めを行いました。
手ぬぐいを絞って、お好みの染料で染めていきます。
一晩置いて、布を広げる時は
ドキドキです。2枚と同じ柄のない、世界に1枚だけのオリジナル手ぬぐいが完成しました。

昼食は
『新米ご飯』です。
お豆腐屋さんのおいしい豆乳を使って
お豆腐も作り、新米ご飯と一緒に味わいました。
自分たちで刈ったお米も楽しみですね。

5月に田植えをし、今回の稲刈りを迎えるまで、全ての作業を梶さんにやっていただきました。おいしいご飯をいただけるのも、愛情込めて育ててくださる生産者の方がいてくださるからこそです。
感謝の気持ちをもって、おいしくいただきましょう(´▽`)