家族で食す!手作りこんにゃくで   
         おいしい
おでんの記録


 愛知県野外教育センタートップページにもどる
 
      アルバム (参加者専用)  
  11月19日(土)〜20日(日)      
 

『手作りこんにゃくでおいしいおでん』はじまりはじまり〜
今年は更に改良を加え・・・
前日に茹でてミキサーにかけたこんにゃく芋から作業を始めます。
手がかゆくならにように手袋をはめて、まずはしっかり練っていきます。
ちょっと大変ですが、
なんとも言えない感触が気持ちいいんです。
そして、この練る作業がこんにゃくの出来に大きく関わります。

しっかり練ったら凝固剤を入れ、お皿に入れてしばらく置くと、なんとなくこんにゃくに近づいてきました。更にしばらく置いて、茹でていきます。
今年のこんにゃくはいかがでしたか。
アクが少なく、食感のよいこんにゃくになればと改良を重ねました。
改良の成果が出ていたらうれしいです。

茹でている間は
『アドベントカレンダー作り』です。
今年材料をお渡しして自由に作っていただきましたが、どれもとてもクオリティーの高い作品になっていたように思います。
クリスマスまで楽しんでいただけましたか?
クラフトと並行して大根、牛すじなどの具材の準備も進めていきました。
冬のおでん、幸せを感じます。

夜は
星座観察です。
望遠鏡での星座観察はお天気に恵まれませんでしたが、講師の田中先生のご指導のもと、望遠鏡ののぞき方や、切り絵を使ったスライド等を行っていただきました。
満点の星空、来年は観たいですね・・・

2日目は前日に作ったこんにゃくを追加して、
おでんを仕上げていきます。
半日かけて更に味を染み込ませていきます。
昼食にはおいしいおでんの完成です。
手作りこんにゃくも存分に味わっていただけたかと思います。